メイン 他の クラシック(およびその他の)音楽とiTunesの3つのヒント
他の

クラシック(およびその他の)音楽とiTunesの3つのヒント

沿ってカーク・マケルハーン 2010年3月24日午後11時PDT

通常のプレイリストの読者は、私がクラシック音楽のファンであることを知っているでしょう。何年にもわたって、現在50,000トラックのiTunesライブラリを効率的に整理するのに苦労してきました。ここでは、クラシック音楽、場合によっては他の種類の音楽を扱うのに役立つヒントをいくつか紹介します。

1.FLACファイルをiTunesに取り込みます

ダウンロードサイトからの128kbpsの音楽ファイルの時代は遠い記憶になりつつあります。 (実際、それほど遠くはありません。Appleが256kbpsのiTunesPlusファイルの販売を開始してからわずか3年足らず、Amazonが256 kbpsのMP3の販売を開始してから2年強です。)時間が経つにつれて、ビットレートは増加しました(そしてDRMは衰退しました)が、音楽を販売しているサイトは FLAC ロスレスオーディオ形式(特にクラシック音楽の場合)は、ますます一般的になっています。同僚のChrisBreenと私はどちらも、音楽ファイルの圧縮の問題が誇張されていることに同意していますが、ロスレス形式の音楽を購入することを好むリスナーはたくさんいます。しかし、ロスレス形式の音楽を提供するほとんどのサイトは、iTunesがサポートしていないFLACファイルを販売しています(ロスレス部門では、iTunesはAIFF、WAV、およびAppleロスレスファイルで動作します)。

ファイルの変換は必要ですが、iTunesに取り込むのはそれほど難しくありません。幸いなことに、いくつかの異なるアプリでこれを行うことができ、その過程で品質を失うことはありません。無料のコピーを入手してください Xロスレスデコーダー (別名XLD)、その設定を開き、「一般」アイコンをクリックして、「出力フォーマット」ポップアップメニューから「AppleLossless」を選択します。次に、XLDが変換するファイルを保存する場所を選択し(iTunesライブラリまたは特定のプレイリストにファイルを追加することもできます)、[設定]ウィンドウを閉じます。



次に、隠蔽したいFLACファイルをXLDのDockアイコンにドラッグし(フォルダをドラッグすることもできます)、プログラムに動作させます。 iPhoneまたはiPodのiTunesで聴いたり、オーディオCDとして書き込んだりできるAppleLosslessファイルがあります。ボーナスとして、プロセスはFLACファイルがタグ付けされたメタデータを保持します。これらのファイルを別の形式(たとえば、iPhoneのスペースを節約するためにAAC)に変換する場合は、iTunesまたはXLDで行うことができます。

2.CDを正確にリッピングする

ロスレス形式がお好きなら、iTunesを使用してAppleロスレス形式のCDをリッピングできることをご存知でしょう。 「一般設定」に移動し、「設定のインポート」をクリックして、「インポート方法」ポップアップメニューから「AppleLosslessEncoder」を選択します。

ただし、XLDを使用して、Apple Lossless、FLAC、またはその他の形式のCDをリッピングすることもできます。さらに、プログラムが提供する特定の機能を利用して、iTunesよりも正確なリッピングを行うことができます。 XLDは AccurateRipデータベース iTunesよりも慎重にCDをリッピングします。これらの機能により、ほとんどの場合、XLDのリッピングはiTunesよりも遅くなりますが、本当に正確なリッピングが必要な場合は、 正確なオーディオコピー Windowsコンピュータで行います。これらの機能により、ファイルが元のCDとまったく同じように聞こえるようになります。

XLDは、リッピング時にCDのメタデータ情報を検索して追加できますが、別のデータベースを使用することに注意してください( freedb.org )iTunesよりも( Gracenote )。つまり、iTunesでリッピングした場合に得られるほどタグが良くない可能性があります。この問題を解決するには、次のヒントを読んでください。

3.クラシック音楽に適切なタグを付ける

クラシック音楽のファンは、自分の音楽にタグを付けることが、音楽を整理、検索、再生するために不可欠であることを知っています。実際、私はおそらく、クラシックCDのリッピングをリッピングするよりもタグ付けすることに多くの時間を費やしています。過去に、私のお気に入りのタグ付けのトリックの1つを紹介しました。iTunesStoreからタグをコピーする方法です。これにより、CDをリッピングするときにiTunesがチェックするGracenote CDDBに、最新の購入用のタグがない場合に時間を節約できます。これらのタグは、iTunes Storeに表示されるものよりも完全ではありません。また、別のアプリケーションでCDをリッピングした場合も同様です。ただし、AppleがiTunes 9を導入したとき、この手法は機能しなくなりました。新しいiTunes Storeレイアウトでは、トラックをプレイリストにドラッグできません。

iTunes Storeのブラウズ機能を使用すると、アルバムを検索し、それらのトラックをプレイリストにコピーして、それらを使用して自分の音楽にタグを付けることができます。

ただし、回避策があります。タグをコピーするCDのアーティストの正確な名前を確認してください。 iTunes Storeのクイックリンクセクション(ウィンドウの右上)から、[参照]、[音楽]、[クラシック]、[すべて]の順にクリックして、アーティストの名前を見つけます。タグ付けに使用するアルバムを[アルバム]列で見つけて、その名前をクリックします。トラックは、iTunesウィンドウのリストセクションに表示されます。それらをすべて選択し、プレイリストにドラッグして、上記の記事の残りの手順に従ってください。

[シニアコントリビューターのKirkMcElhearnは、彼のブログにMacだけではないことについて書いています。 カークビル 。]

Xロスレスデコーダー(XLD)